RECRUIT ヘルツスタッフの声

長谷川 弥生/デザイナー

2016年入社

「やってみたい」という気持ちを捨てないこと

私は昔から「夢」に挑戦することが好きでした。
興味のあるものが多かったので、東京に上京して色々挑戦するうちに、「向いていること」と「やりたいこと」は違うと気づきました。

だからといってどちらも諦めたくなかった私は唯一続けていた、「絵を描く」という道に携わりたいと思い、グラフィックデザインの学校に進学しました。
そこで「グラフィックデザインにこだわらなくていい」という先生の言葉を受け、デザインと名のつく仕事に色々携わるうち、Webデザインという仕事に出会いました。

現場では、全然知らない単語が飛び交い、会話もチンプンカンプンでしたが、だんだん理解できるようになりました。そして、作る側になって初めてWebがいかに身近なものであるかを実感しました。

自分がやりたいことがそこにあった

何気ない生活の中にはいつもWebが存在し、誰かと繋がり、また反応がすぐにわかるということに紙媒体にはない「面白さ」を感じました。
今まで挑戦してきた「やりたい事」は一見、無関係に見えて「何かを生み出す」「表現する」ということが共通している事に気づき、そういうことが自分は好きなんだと確信しました。だからこそwebを作る事に喜びややりがいを感じるんだなと思いました。

その中でもデザインとは、人の感情をいかにコントロールするかという事だと思います。
それは演劇やお客さんを前にする仕事と似ていると思います。

お客さんの前に立ち、情報を魅せ、いかにその人の感情を誘導するか。
それがすぐに数字で現れるWebって難しいな、と思う反面、私の「やりたい事」の一つになりました。
時代がどんどん進歩する中、毎日新しい発見があるWebって面白いのかもと思うようになりました。

入社してみて思ったこと

入社当初、フォトショップやイラストレーターは使えるけど、Webの知識はあんまりなかったので、私にできることがあるのかな…と不安でした。案の定、やったことのない仕事をさせられました(笑)。
知識も少ない中、私には無理だ!と思ったのですが、意外にも時間をかければ理解でき、そんな自分を発見できたことがとても嬉しかったです。ヘルツが他の会社と違うなと思ったところは、「ちゃんと待ってくれる」という所です。自分が問題にぶつかった時、急かしたりせず、解決できるまで見守ってくれます。それは自分が成長できるチャンスであり、そういう時のサポートをこの会社は全力でしてくれます。欲しい教材や環境を整えてくれたり、セミナーに行かせてくれたり。年に2回、面談できちんと個性を見極め、「向いていること」と「やりたいこと」を提案し叶えてくれる会社です。

人生の中で「仕事」という時間はとても長いので、そんな時間を楽しく過ごせる仲間が増えると嬉しいです。

採用情報トップへ

CONTACT お見積もり・ご相談はこちら

営業時間:9:00〜18:00(土日・祝祭日を除く)

お問い合わせ